ホーム

第33回活動分析研究大会:活動報告

 2020年は、コロナ感染蔓延のため中止を余儀なくされた活動分析研究大会。2021523日、山梨リハビリテーション病院を会場としWeb開催いたしました。総勢700名近くの参加者で大盛況。深く大変感謝申し上げます。
 教育講座は、北原国際病院八児先生。長期経過を追っての起居・移乗・歩行動作についての内容でした。指定演題は、山梨リハビリテーション病院の小嶋先生、定山渓病院の南部先生、春日居サイバーナイフ・リハビリ病院の鈴木先生。それぞれ試行錯誤をした内容が伝わってきました。
 特別講演は当研究会の創始者、言わずと知れたレジェンドの柏木正好先生。先生ご自身の歴史から臨床の原点・知見まで盛りだくさんの内容でした。柏木ワールドを堪能してみなさん感動していたことでしょう。
 運営にあたっては、活動分析研究会のスタッフの皆様にご協力いただきました。本当にありがとうございました。
 来年度も必ず開催します。開催内容は乞うご期待、また会いましょう!
活動分析研究会 会長 山本伸一

総会(準備会)の報告

こちらよりご参照ください。

 

※冊子販売の案内はこちらから